マイニングが話題となり売れた商品

仮想通貨のマイニングを行うには高性能なCPUのほかグラフィックボードを必要とします。ここでは、マイニングをする上で需要が高まり売れた商品について紹介します。

まず、一番売れた商品としてはグラフィックカードで需要が高まったシリーズとしてはGeForceシリーズの1050シリーズです。
このシリーズはゲーミングパソコン用に作成された廉価版のグラフィックボードでそれぞれチューニングされた独自モデルTIモデルが存在します。

この製品が売れた理由ですが、単純に当時から値段が安くロープロファイルモデルのグラフィックボードとしても発売されており、小型モデルのパソコンでも適合するため需要があり現在でも人気です。

難点を上げるとすれば価格が安い分TIモデルの上位版ともなれば熱量が高く、搭載されているファンがうるさいことくらいで性能については申し分ないです。
また当時は仮想通貨マイニングに特化したマザーボートというものも売られており現在でも流通しています。

H110 Pro BTC+というものが正にマイニングに特化した製品で、当時マイニングに特化した高速動作を確立することができる製品として話題になりました。
製品の特長としては余分なパソコンの機能を削ぎをとすことで高速な動作をすることができるように特化しており、それと同時にiシリーズのcpuを搭載することが可能など高速処理能力に特化したcpuを取り付けることができる等マイニングにのみ特化しているマザーボードがこのマザーボードです。

このマザーボードの利点はやはり、高速処理をすることができるという点と、熱に強いことです。ご存知でしょうが、マイニングは高性能なCPUをフルに使用するという性質上、CPUから出る熱でマザーボードがゆがんだり損傷してしまうことがあります。
ですが、熱に強くなるよう処理をすることで熱を帯びてもマザーボードが損傷しないように作られているのがこの、H110 Pro BTC+です。

他にも需要がある製品はCPUでiシリーズのCPUもi7を中心に需要がありました。このシリーズの特徴は、複数に分けてデータを処理することに長けており、一つの答えを導き出すのに複数の処理ごとに分けて処理をすることができるのが利点で仕事を分担して処理することに特化しています。

その為、高速で仕事を複数に分けたうえで後から答えを合わせるという手法でマイニングのデータを分析することができるということです。

このようにマイニングを仮想通貨の販売者が推進したうえで売れた商品としてはパソコンの部品があり、現在においてもマイニングが盛んな国においてはマイニング専用の機器が売られています。

SNSでもご購読できます。